workshop/久留米絣の機やさん

野村織物有限会社

野村織物有限会社
細やかな格子と菱形が可愛い経緯絣。ファッション性の高い絣だ。

機屋の中でも特に色柄の多い野村織物。
自社で染色していることが強みだと、四代目の周太郎さんは語ります。
「染色を外注する場合はまとまったロット数が必要になります。
その点、弊社は試作の段階でも少ないロット数から染めることができるので、
色のバリエーションのご提案や、ご要望にも柔軟に寄り添った対応が可能です」

同工房では図案も自社で製作。
担当するのは、アートを学び、絣の世界に入ったデザイナー。
既存の図案に工夫を加えたり、新たに起こしたデザインを、
織るための設計図に落とし込み調整を行ないます。
「お客様のイメージを元に素早くラフを起こせるので、提案のスピードも速いんです」
と、周太郎さん。受注だけでなく、提案も行なえる貴重な機屋さんです。

時代に沿ったデザインや顧客のニーズを大切にしながら、
藍染めや手織りなど伝統技術も守る。
久留米絣の伝統と革新を担う、意欲に満ちた工房なのです。

野村織物有限会社製織の際に経糸、緯糸が正確に交わるよう、糸の本数や模様の位置、大きさ等を計算しながら既存の図案をさらに手描きしていく。
野村織物有限会社野村織物の強み、染色を行なうのは周太郎さんと哲也さんだ。「染料の微妙な調節など、まだまだ父にはかないません」と周太郎さん。
野村織物有限会社活気のある工場で着々と絣が織り上がっていく。整理整頓が行き届いた清潔な空間。
野村織物有限会社模様も色も多種多様だ。中には手間がかかり過ぎるため、再現不可能な柄もあるとか。レア物も多い。