workshop/久留米絣の機やさん

岩瀬要絣織物工場

瀬要絣織物工場
オーロラ生地は細番手で質のいい糸を使っているので、しなやかで高級感がある。薄手で涼しく、肌触りも素晴らしい。

「本当に綿?」と同業者さえも驚かせた、その手触り。柔らかさ。

20年前に二代目・茂さんが開発した「オーロラ」生地は、今も圧倒的に優れた素材感を持っています。
開発当初には問屋さんから「好きなだけ織りなさい」と言われたほど、類を見ない織り上がりだったそう。

19歳から家業に入った茂さんは、淡々と仕事をする父の背中を見て育ちました。
ゼロから絣をはじめ30代で独立した、根っからの職人だと語ります。
「小学生の時には家業を継ぐつもりでしたね。作文にも書いていたんですよ」
父の性分を継いだ茂さんもまた、もの作りに徹する職人。

オーロラ生地をベースにした、オールシーズン着れる薄手の「四季匠形」をはじめ、
「匠形」、「オーロラスラブ」など糸の種類や太さを変えた生地も開発しています。
素材感を引き立たせるモダンな柄は、既存の図案に加え妻・元美さんのデザイン。
家族が一丸となってオーロラ生地を織り上げています。

瀬要絣織物工場生地の柔らかさの決め手は手洗い。茂さんが丹念に仕上げる。
瀬要絣織物工場経糸の柄模様がきれいに表れるよう、丁寧に糸を梳かしながら経糸を巻きとっていく。
瀬要絣織物工場元美さんのデザインした絣。
瀬要絣織物工場天日干しすることで、織り上げられた固い生地がふんわりと柔らかくなる。