about kurume kasuri/久留米絣について

久留米絣の柄

久留米絣の柄久留米絣の柄久留米絣の柄久留米絣の柄

時代に沿って変化していく久留米絣の柄模様。
もんぺや普段着に使われてきた背景から、久留米絣の色柄は素朴で飾らないデザインが多く見られます。
円や三角、四角、十字などの幾何学模様、草花、動物などの具象的な模様に分けられ、
現在では伝統的な模様をアレンジしたものや、ファッション性の高い絣も生産されています。

最盛期には筑後地方の土地ごとに柄の特徴が見られ、
三潴郡などの平野部は中・大柄や絵絣、筑後市一帯は中・大柄、蒲団絣、
八女郡の丘陵地帯は小柄の緯絣、男絣が中心に作られました。
男絣は文人織、書生絣と呼ばれるごく細かい柄になり、
柄の作り方は括りではなく「織締(おりじめ)」という方法で表されます。

柄の作り方によって呼び方も異なり、
経糸のみを括って柄を織り出す絣を「板絣(いたがすり)」、緯糸のみを括って柄を織り出す絣を「絵絣(えがすり)」、
経糸と緯糸のどちらも括り、柄を表す絣を「本絣(ほんがすり)」といいます。
これらはそれぞれに手間が異なり、視覚的な印象にも違いが見られます。

本絣

デザインに応じて経糸と緯糸を括り、柄を織り出します。製織の際の柄合わせが難しく、熟練の技術が必要となる絣。
井上伝の初めての柄「白紋散乱」は本絣でした。

久留米絣の柄
久留米絣本絣
久留米絣本絣
久留米絣本絣
絵絣

緯糸を括って絣糸をつくり、柄を織り出します。
久留米絣を代表する柄づくり。

久留米絣絵絣
久留米絣絵絣
久留米絣絵絣
久留米絣絵絣
板絣

経糸を括って絣糸をつくり、柄を織り出します。
絵絣よりもシャープで洗練された柄づくり。

久留米絣の柄
久留米絣板絣
久留米絣板絣
久留米絣板絣
文人絣

一般的に男絣と呼ばれる、とても柄の細かい絣です。
括りではなく織締という方法で絣糸を作るのが特徴。

久留米絣文人織
久留米絣文人織
久留米絣文人織
久留米絣文人織