fashion/ファッション

久留米絣の「洋服」を着よう。

久留米絣の洋服

オンラインストアでは、久留米絣を使用した洋服・服飾雑貨の販売も行なっています。
日本で生まれ、発展した布である久留米絣を素材に、
デザインも縫製も一貫して日本で行なわれている、高品質な製品を選んでいます。

久留米絣は元来、農作業着として愛用された織物です。
農業に従事する人々は久留米絣を「もんぺ」に仕立て、日々の労働に勤しみました。
もんぺとは袴の一種で、ゆったりとした腰回りと足首の部分で絞った裾が特徴のズボン。
女性向けの農作業着として庶民に浸透し、
現在でも山間部などでは、もんぺを身につけて働く女性の姿を見ることができます。

いわばもんぺは、日本元来のワークウェア。
そんなもんぺの生地として、久留米絣が使用された理由は「風土に適していた」ということ。

綿素材ならではの肌触りの良い生地感、高温多湿な日本の気候に適した、通気性の良さ。
重労働に耐えうる強度を持った、経糸と緯糸がしっかりと交差した先染め織物。
そして、日常に花を添える、丁寧に作られた素朴な柄。

和服から洋服へと人々の需要が推移すると、久留米絣も洋服へと仕立てられるようになりました。
しかし、安価な化学繊維が量産されるにつれ、
生産に時間もコストもかかる久留米絣は、高級品として扱われるようになりました。
少しずつ人々の日常から離れ、非日常なものへと変化していったのです。

そして現在。
私たちは個人で得ることのできる情報量が増え、
昔よりも衣食住を自由に選ぶことができるようになりました。
それは表面的な価値に惑わされず、自分の目で見つめ、確かめ、本質的な価値を獲得できるということです。
このような時代だからこそ、私たちは久留米絣に価値を見出しています。