news/ブログ記事

久留米絣のいいところ

2013年3月21日

news , store news

tag :

コメントはまだありません

久留米絣テキスタイル|久留米絣のいいところ

「久留米絣はいい」といっても、具体的にどんな所がいいの?
そんな疑問にお応えします。


久留米絣テキスタイル|久保織物さんの工房

・久留米絣はとっても丈夫
久留米絣は先染め織物。生地を織り上げてプリントするのではなく、先に糸を染め、織り上げていきます。
経糸と緯糸でしっかり織られた生地はとても丈夫で、柄が落ちる、薄くなることもありません。
昔は母から娘へ、そのまた娘へと受け継がれるものでした。
着物としての役割を終えたら、繕って布団掛けにしたりと、大切に使われていました。


久留米絣テキスタイル|肌触りのいい布地

・肌触りがいい
日本は湿度の高い国。そんな風土にぴったりなのが、綿素材の久留米絣。
通気性が良くからりと乾いた肌触りが、じめじめする季節も肌を健やかに保ってくれます。


久留米絣テキスタイル|久保織物さんの湯通し

・着るほどに増す風合い
久留米絣は織ったあと、湯通しを行ないます。
これは作業工程で付けた糊をおとし、生地を柔らかくする役割があります。
さらにご家庭で洗濯を繰り返すごとに、生地は柔らかさを増し、肌に馴染んでいきます。


久留米絣テキスタイル|下川織物の絣

・豊富なデザイン
久留米絣というと「渋い」「紺色」のイメージでは?
しかし、近年の久留米絣はとてもオシャレ。
若手の作り手が増え、伝統に新しい感性が加わっているのです。
着物を前提とした柄作りから、洋服メインの柄作りになり、デザインもより自由に。
選ぶ楽しさ、楽しみ方の幅が広がっています。


ぜひ生活の中で、久留米絣の良さを実感してください!

comment post

Name required

Website

facebook comment